社員紹介「副社長」

syain-a

Q:入社した時期と配属先を教えてください

アルバイトを2013年の3月から「サンダーバード明大前」で始め、2014年4月新卒として入社し入社と同時に店長を務めました。

Q:入社する前は何をしていましたか?

明治大学の学生で体育会ボクシング部に所属しておりました。

Q:入社したきっかけは?

私は初めてのバイトが「サンダーバード明大前」で当時就活でも大手の飲食企業を受け内定を頂いておりました。ですが自分の中で大手である程、型にはまった仕事をし、年功序列で給与が上がる仕組み。どれだけ頑張っても社長や幹部など重役につける可能性があるのは50歳~60歳がほとんど。そういった環境にあまり魅力を感じれず自分の頑張り次第でチャンスを掴める環境、結果次第で給与も上がり、昇給も早いそんな環境で働きたいなと考えていました。実際安定などは一切考えず、会社の規模がどれだけ小さくても企業の成長段階に携わりいろいろな経験をしたいと考えていたタイミングで代表の田中から入社して店長をやって欲しいと声を掛けて頂きました。入社と同時に店長、そんなチャンスは絶対無いなと思いその時点で自分は入社を決断致しました。

Q:アルバイトとして入社。その後店長となりましたが、いかがでしたか?

私の前の店長が今ドバイに行っている海外事業責任者の早川だったのですが、お客様は皆早川に付いていました。皆早川目的で来店していたため毎日悔しい思いをしたのを覚えています。ですが、この時必ず早川より常連さんを多く付けてやるという気持ちで、一緒に働く仲間たちの協力のもと全員で良い店つくりが出来ていたかなと思います。結果沢山の常連さんが増え、毎日来店されるお客様の割合が5割以上常連さんというお店になりました。店長時代に学んだことは絶対腐らず、毎日必死に考え、計画、実行、修正を繰り返せば必ず結果を出せるという事です。100%結果を出せるかというと嘘かもしれませんが、必ず得るものはあると思います。なので今でも私は店長時代の気持ちを忘れず仕事をさせて頂いています。

Q:そしていま副社長になりどうですか?

今ではバイト含め200人ほどの規模にまでなりましたが、正直まだまだこれからだなと感じています。思い描いていた出店数や規模にまだまだ満たないので毎日が改善の繰り返しです。ですが、ここまでこれたのも沢山の仲間が増え、皆が協力してくれたおかげです。これから世界へと進出していきますが、私としても絶対に国内、世界と規模を広げ皆がMountainBullに入って良かったと思えるような会社に絶対にすることを約束します!

Q:働いていて楽しいことは?

全てが楽しいと言ったら嘘かもしれませんが、正直すべての事が私にとってプラスになる事だなと感じるので毎日気持ちとしては楽しく仕事をさせて頂いています!その中でも一番はやはりお客様の事を考えて計画し皆で練った案を形にした時、お客様の喜んでいる姿を見たり、スタッフとお客様が楽しそうに会話をしている姿を見ると日々努力してきて良かったなと思いますね!

Q:今後の目標をどうぞ

数字目標としてはまずは国内外1000店舗出店ですね!そして世界中に皆が行きたいお店を出し、世界中の人が入りたいと思う会社を作っていきたいです!

Q:最後にここまで読んで頂いた方にメッセージを

皆さん最後まで読んで頂きありがとう御座います。MountainBullはまだまだこれから規模拡大していく企業ですが、逆にその段階での入社がチャンスだと私は思います。平均年齢25歳。最年少店長は18歳。いろいろなチャンスを掴める環境がMountainBullにはあります!他社ではできない仕事もやるきがあれば任せますし、全力で私たちもフォローしながら仕事をいていけますので未経験でも大歓迎です!是非私たち一緒に世界に誇れる飲食企業を作っていきましょう!