Archive

ドバイに続き、こだわりの厳選生マグロが味わえる『吉田屋』2018年11月16日にオープン致しました!

都内では中々食べられないこだわりの厳選生マグロを皆さんに食べて頂きたいという思いと、美味しいマグロを食べながら、お酒も楽しめるよう、ドリンクはリーズナブルな価格帯に設定した気軽に立ち寄りやすいお店となっております!

『吉田屋』の由来は最近話題の築地から豊洲に移った市場。
その市場にいる吉田氏御協力のもと、中々居酒屋などには出回らないマグロを卸して頂いています。
そんな吉田氏と一緒に良いお店を作っていきたいという思いを込め、名前を付けさせて頂きました。

市場からの御協力があっての生マグロですが、なんといっても鮮度と丁度良い脂のノリが自慢です!
冷凍や、日にちが経ったマグロから出る生くささは一切ありません!
脂も丁度良くのっていて何切れでも食べれます!
他にも特大のカマを使用した『カマの煮付け』や『カマ焼き』。
うにといくらをこれでもかと乗せた『うにいくらのっけ寿司』が名物となっております!

また、こだわりは料理だけではありません!
不思議と落ち着く白基調でタイル張りの店内

従来の大衆感ではなく、清潔感のある大衆酒場に仕上げております!

以上『吉田屋』のご紹介をしてきましたが、16日~25日までオープンキャンペーンを実施中です!

なんと生ビール、ハイボール何杯飲んでも99円!!
美味しい生マグロと美味しいお酒を是非味わいに来てください!!


MBファッション

どーもゆうじろうです。

マウンテンブルのTシャツとパーカーが完成。

マウンテンブル1のモテ男こと、ゆっきーさんにドヤ顔で決めてもらいました笑

当初は希望制にし、皆んなから「欲しいです!」とか言われて優越感に浸る予定でしたが、

「いらないです」「ダサい」と一刀両断されたので逆に全社員に無理矢理渡しました。

これを着て社員がボランティアなどしてくれたら最高なのですが、社風的に横手辺りがこれを着て六本木で暴れてるのがマウンテンブルの現実かなと。

僕もお酒を飲む時は着ないようにします笑

以上、二月の社員旅行は皆んなでこれを着て飛田新地へ行こうと思ってるゆうじろうでした!

Dubai富士屋グランドオープン

どーもゆうじろうです。

今日はドバイ富士屋グランドオープンの日です。

22歳の時に、トッピーと「いつか世界で勝負したいね」とニューヨークで語り合ったのが懐かしいです。

あれから7年。

20代のうちに海外へ出店するのが1つの目標だったので、何とかスタートラインに立つ事が出来ました。

そして一区切りとして過去の色んな事をここで書いて僕らは苦労してここまで来た感を出そうと思いましたが、途中で辛気臭くなったので辞めました笑

その代わり、僕ら幹部が証明したい事の一つを書こうかなと。

それは気合いの大切さです笑

なんだか頭悪いのがバレますねヽ(;▽;)ノ

ただ僕ら幹部は全員が地方の田舎出身。
頭も決して良くない、格闘技や愚連隊(ゆっきーさん怖い)しかやってこなかった気合いしかない人間の集まりです。

そんな僕らみたいな凡人でも気合いと覚悟さえあれば世界で勝負できる会社をつくる事が出来るんだと。

きちんとお客様と向き合って商売をやれば誰でもそこまでは出来るんだと。

僕らの理念である「世界に誇れる飲食企業をつくる」

まだまだチンカスみたいな規模ですが、マウンテンブルらしく口だけじゃなくて必ず結果で証明して行きたいと思います。

その為にも海外一発目。
しっかりとドバイのお客様に喜んでもらって、きちんと儲けて、皆んなから愛されるドバイで1番のお店を作っていきます。

最後にゆっきーさんはじめ国内組の皆んな、留守番しっかりしてくれて本当にありがとう。

海外しっかりとオープンさせてカズマと日本へ帰ります。

以上、のまどを次は富士屋 アフリカ店の立ち上げに派遣しようと思ってるゆうじろうでした!

#株式会社MountainBull#マウンテンブル#採用#海外#世界#飲食店#居酒屋#日本食#平均年齢25歳#社員募集中#ドバイ#11月6日#富士屋#グランドオープン#日本人初

ドバイレセプション2日前

お久振りです!
かずまです!
只今ドバイに来ております。

レセプション2日前、グランドオープン4日前に迫ってきました。
29日からドバイに入国し、毎日ロープレ、改善、ロープレ改善の日々を送っております。

初日のレベルは正直最悪でした。笑
ですが、必ず最高のオープン日を迎えるために毎日スタッフとコミュニケーションを取りながら練習しなんとか形になってきました!

ちなみに英語が話せない僕は気持ちとボディーランゲージとグーグル翻訳に力を借り皆とコミュニケーションをとってます!
実際なんとかなるもんですね!笑

実際に毎日ドバイで反復練習し、スタッフとコミュニケーションをとるまでは海外出店の実感がわきませんでした。

最初MountainBullは5人でスタートし、人が足りない中必死に働いていたのを思いします。
当時は労働時間も何もかも関係なく社員1人1人が必至でした。笑

今では仲間が増え、皆の力があったからこその海外出店だなと身に染みて感じます。

5年前は日本人社員とアルバイト数名。
今では海外スタッフも含め200名ほどの規模まで成長しました。

ですが、MountainBullはこれからがスタートです!

バシッとドバイのオープンをきめて、更に世界中に展開し最高の会社にしていきます!

まだまだ規模が小さい会社ではありますが、一人一人のパワーはどこにも負けません!

絶対に世界中にMountainBullのお店を出していくので皆さん応援よろしくお願いします!

以上試作メニューを食べすぎて毎日2キロずつ太ってるかずまでした!

ドバイ出店進捗

どーもゆうじろうです。

ドバイ レセプションまで残り1週間。

準備も最終段階に入ってきました。

トピはじめ、パートナーの方々、のまど、現地で調理指導に行ってるまさし、現地スタッフと、皆んな頑張ってくれてます。

僕とカズマも明日から2週間ほど現地に行く予定です。

詳細などはまた載せますが、

僕らの今回の出店の一番の想いは
「ドバイで日本人がきちんと認める味を、納得する価格で現地のお客様に提供する」こと。

その上で、やるからには商売としてきちんと結果を出すこと。

残り1週間、やるべき事をしっかりと準備していきたいと思います。

以上、英語話せないまさしが現地スタッフに一生懸命教えてる姿を見てすごく嬉しかったゆうじろうでした!

のまど出国

どーもゆうじろうです。

ホームページがリニューアルし初の投稿です。

先日のまどがドバイへ旅立ちました。

そんなのまどについて少し書こうかなと。

大学生の頃からウチでアルバイトをし、卒業後アパレル企業へ就職。

そして2年前、独立希望でウチへカムバック。

美人な婚約者がいて、マウンテンブルで1番チンコがデカいと言われるもつ焼き業態5店舗の統括責任者です。

正直入社したいと来た時は、期待3割、様子見7割くらいの気持ちで見ていました。

ほとんどの飲食はそうですが、ウチも中卒だろうが大卒だろうが、18歳だろうが40歳だろうが皆んなスタートは同じです。

入社時ののまどは確か26歳。

学歴や年齢、その他変なプライドなどが邪魔するかもなと。

でも、入社して時間が経つにつれてそれが良い意味で裏切られました。

入社してから今まで、どんな仕事も一切言い訳せずに、謙虚に貪欲にどんどん成長していきました。

そして今回ドバイ立ち上げの話をした時も、即答で挑戦すると返ってきました。

英語も話せない、初海外、婚約者も国内に待たる事になる、それでもなんとか立ち上げて必ず繁盛店にしてくると。

そんなのまどを見てると、改めて覚悟の大切さを実感させられます。

ありきたりですが、最後は腹を括れるかどうかなのかなと。

僕らも負けないように、のまどがどんどん目標を達成できる環境を気合い入れて作っていきたいと思います。

のまど、改めて海外ビシっとよろしくね!

以上、ゴンとマウンテンブルの粗チン争いをしてるゆうじろうでした